骨盤に歪みがあると、骨盤につながっている背骨から、肩や首、下半身にも悪影響を及ぼします。
では、そもそも骨盤が歪む原因として何が考えられるか、いくつか挙げてみましょう。

姿勢やクセ

いつの間にか骨盤が歪んでしまっているのは、姿勢やクセのために、全身のバランスを悪くしていることが考えられます。

例えば、体の片側ばかり使っていると、骨盤の歪みの大きな原因になります。
使っている側の筋肉や骨が発達したり疲れたりします。

  • 一方だけの腕を使う
  • 一方の足に重心をかけて立つ
  • 横向きで寝る
  • 肩かけバッグをいつも同じ側の肩にかける
  • 手提げバッグを同じ手で持つ

また、猫背など悪い姿勢がクセのようになっていて、その姿勢が通常の状態になってしまっていると、骨盤の歪む可能性が高まります。

座る際に脚を組んだり、女性座り(横座り)するのも悪い姿勢の一つで、骨盤にはあまり良くない姿勢です。
いつも同じ方向に脚を組んでいると、いつか骨盤が歪んでしまうでしょう。

運動不足

運動不足も骨盤が歪む原因のひとつです。
デスクワークが中心で、座った姿勢のまま、あまり動かないような仕事の人は、休憩時間などに軽いストレッチをすると良いでしょう。

出産

出産すると骨盤が広がった状態になりますので、骨盤が歪みやすくなります。
また、出産前から骨盤に歪みがあると、出産時にさらに歪んでしまうことがあります。
この骨盤の歪みは腰痛につながるのです。