自律神経失調症とは、自律神経のバランスが崩れることによって起こる症状のことです。

自律神経失調症の症状は様々です。
身体的症状としては、頭痛、立ちくらみ、耳鳴り、口の渇き、疲れ目、動悸、のぼせ、冷え、息切れ、胃もたれ、吐き気、便秘、下痢、手足のしびれ、性欲減退、倦怠感、不眠などです。

また、不安、イライラ、恐怖心、注意力低下、集中力低下、やる気の低下など、精神的症状が現れることも少なくありません。

主な原因はストレス、生活習慣の乱れなどです。
女性ホルモンも関係しているため、女性がなりやすい病気の一つと言われています。

自律神経失調症を予防するためには、ストレスを上手くコントロールすること、規則正しい生活をすることが重要となります。
ストレスをなるべく溜めないようにし、睡眠時間を十分に取り、バランスの良い食事を摂ることが大切です。