子宮筋腫とは、子宮の筋肉層に発生する良性腫瘍のことです。
見た目は硬いコブのようなものです。

子宮筋腫は30代~40代の女性に多く見られる病気で、特に35歳以上になると5人に1人の女性がこの筋腫をもっていると言われています。

腫瘍と言っても「がん」ではありません。
子宮筋腫を発症したとしても直接の死の危険はありませんので安心してください。

子宮筋腫になる原因は未だに解明されていませんが、エストロゲンという女性ホルモンが関係しているということは分かっています。

子宮筋腫の代表的な症状としては次のようなものになります。
ただし個人差があって、人によっては全く症状が現われない場合もあります。

  • 月経痛
  • 月経の血量が多い → 貧血 → めまい、動悸、息切れ
  • 頻尿
  • 便秘
  • 腰痛
  • 下腹部のしこり

また、同時に子宮内膜症を発症している場合が少なくありません。

治療については、基本的に子宮筋腫になっても必要がないケースが多いです。
腫瘍が小さかったり自覚症状があまりない場合は、定期的な経過観察のみになります。

腫瘍が大きくなった場合は、医師の判断により手術または薬物療法をすることがあります。