子宮内膜症は、特に20代から30代にかけての女性に多く見られる病気の一つです。
月経のある女性の1割は子宮内膜症だと言われているくらい多い病気です。

子宮内膜症とは、本来は子宮の内側にのみあるはずの子宮内膜が、卵巣や腹膜といった子宮以外の場所で増えてしまう病気です。

子宮内膜は月経時に体外に排出されますが、子宮の中以外で増殖したものはそのまま腹腔内に残ってしまいます。
その結果、炎症を起こして痛みが起きるようになります。

子宮内膜症の主な症状は次のようなものです。

  • 月経時の強烈な痛み
  • 腹部や下腹部の痛み
  • 月経量が多い
  • 性交時の痛み
  • 排便時の痛み

また、吐き気、下痢、頻尿、血尿といった症状が現われることもあります。

子宮内膜症が直接の原因で死に至ることはありません。
しかし、長く放置しておくと、不妊の原因になる可能性が高いので、注意が必要です。

初期治療が大切ですので、もしも異常を感じて不安な場合は、婦人科で検査を受けてください。