子宮がんは、もちろん女性特有の病気の一つです。
子宮がんも他のがんと同様に、早期発見・早期治療が重要です。

子宮がんは大きく分けて2種類あります。
子宮体部に出来る「子宮体がん」と、子宮頸部に出来る「子宮頸がん」です。

子宮がんははっきりした初期症状がありません。
つまり発症しても気付かないことが多いのです。

症状が進行すると、おりものが増えたり不正出血性交時の出血があります。
このような症状が現われても、すぐに子宮がんを疑う人は少ないかもしれませんが、子宮がんの進行している可能性がありますので、早めに病院で検査を受けた方が良いでしょう。

子宮がんになってしまった場合、子宮そのものを摘出しないといけないケースもあります。
しかし初期であれば、子宮や卵巣を残すことは可能です。

早期発見がとても重要になりますので、定期的に子宮がん検診を受けるようにしてください。