バセドウ病(バセドウ氏病、バセドー病)とは、甲状腺ホルモンの過剰分泌によって様々な症状が引き起こされてしまう病気です。
20代~30代の女性の発症率が高い病気として知られています。
日本語では「甲状腺機能亢進症」とも呼ばれています。

バセドウ病の明確な原因は分かっていませんが、遺伝が大きく関係していると言われています。
また、ストレスを受けることによって発症率が高くなります。

甲状腺ホルモンは発育や代謝促進に関与するホルモンですので、そのバランスが異常になることで、様々な症状が起こってしまいます。

バセドウ病の主な症状は次のとおりです。

  • 甲状腺の腫れ(首が太くなる
  • 眼球突出(目玉が出っ張る
  • 眼瞼後退(まぶたが大きく開く
  • 頻脈(脈が速くなる
  • 体重減少
  • 多汗
  • 情緒不安定
  • 疲労感(疲れやすくなる
  • 動悸
  • 手の震え

上記のいずれかの症状がある場合は、バセドウ病の恐れがありますので、早めに病院(内分泌内科、耳鼻咽喉科)を受診して、適切な治療を受けてください

主に薬物療法が行われますが、症状が更年期障害や精神疾患に似ていることから、誤診されることがあります。
もしも薬物療法を続けても症状が改善されない場合には、他の病院を受診したほうが良いかもしれません。