ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり、発汗)の原因として、主に次のようなことが考えられます。

更年期障害(ホルモンバランスの崩れ)

40代~50代の更年期になると、女性ホルモンの減少に伴って、一般的に更年期障害と呼ばれる様々な症状が現れるケースがあります。その症状の一つがホットフラッシュです。

自律神経の乱れ

過度なストレスや睡眠不足によって、自律神経の調整が乱れると、血管の収縮・拡張の制御がむずかしくなります。その結果、ホットフラッシュを発症する場合があります。

その他、血行不良、冷え、便秘もホットフラッシュを引き起こす可能性があります。

これらの原因は、比較的女性に多いものということもあって、ホットフラッシュになるのは男性よりも女性の方が多いと言えます。また、更年期障害が起こりやすい年代以外の女性も気を付ける必要があります。