冷え性の改善・解消に靴下の重ね履きが良いと言われています。靴下を上手く活用することで、効果的に冷え性を改善することができます。

なぜ靴下の重ね履きが良いのかというと、足を温めて汗と一緒に毒素を出し、血液の流れを良くして、冷えを解消することができるからです。

さて、靴下の履き方ですが、簡単です。

  1. 5本指に分かれた靴下(冷え取り靴下)を履く
  2. その上から通常の靴下を重ね履きする

このように2枚重ねるだけです。室内ならば、5本指靴下を2枚履き、その上に通常のを2枚、合計4枚履きするとより良いでしょう。

このとき、最初に履く5本指靴下は必ずシルクにしてください

シルクは、吸水性に優れていて、湿気を溜め込まず、保温性が高い素材です。また、毒を排出する作用が強いとされているので、冷え性対策にピッタリです。シルクは汗をよく吸収し、足の湿気を外に放出してくれます。保温性にも優れていて、足が冷えにくいのです。

2枚目の通常の靴下は、シルク、ウール、綿といった天然素材のものにしてください。シルクで無くても構いません。ウールは吸湿、放湿、保湿に優れています。綿もウールと同様ですが、ウールよりは履き心地が軽いでしょう。

5本指靴下 シルク 関連商品

冷え取り靴下 関連商品