漢方には、冷え性の改善に対応するものがあります。冷えの原因となっている症状に合わせて、効くとされている漢方を服用するというのも、冷え性対策の一つです。

漢方に一般的に副作用が少なく安心ですが、即効性は低く、長期間使い続けることになります。漢方には、冷えやすい体質を改善して、冷え性を治せる可能性があります。

※自分の症状に合った漢方を使うために、自己判断で購入せずに、医師や薬剤師に相談するようにしてください。

冷え性に対応する漢方は、次のようなものとなります。

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

 当帰芍薬散は、体を温め貧血症状を改善する漢方です。足腰の冷え、むくみ、月経障害、更年期障害、生理痛や肩こりなどの痛みの緩和などによく使われます。

桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)

 桃核承気湯は、血行障害、生理不順、便秘などに用いられる漢方です。血液循環を良くして冷えを改善します。手足が冷えるのに顔がのぼせ気味の方に向いています。

八味地黄丸(ハチミジオウガン)

 八味地黄丸は、体力が低下して冷え性のある高齢者に向く漢方です。足腰の冷え、痛み、しびれ、夜間頻尿、乾燥肌のかゆみなどに使われます。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)

 当帰四逆加呉茱萸生姜湯は、血行を良く体を温めたり、冷えによる痛みを和らげる作用があります。特に手足の冷えが強く、しもやけができやすい人に向いています。

人参湯(ニンジントウ)

 人参湯は、胃腸の働きをよくする漢方です。冷え性でやせ型、体力の無い人に向いています。