女性に「冷え性」が多いと言われていますが、そもそも冷え性とはどのような状態のことなのでしょうか。

冷え性について調べてみましたが、どうやら定義といったものは無さそうです。「冷え」と書かないことから分かるように、「冷え」が病名では無いことは確かです。

大ざっぱに次のような状態を「冷え性」と呼んでいるようです。

  • 手足が常に冷たい
  • 布団に入っても手足がなかなか温まらない
  • 入浴しても手足がすぐに冷える
  • 暑い夏でも体が冷えている
  • 寒がり

冷え性は自覚している場合と無自覚の場合とがあります。体温が低い場合が多いのですが、体温は通常で内臓が冷えている場合もあります。

冷え性になると、身体だけでなく精神にも良くない影響を及ぼすことがあります。

一般的な身体的症状は、血流が悪くなっていることから来るものが多いようです。例えば、むくみ、頭痛、肩こり、便秘、下痢、疲労感、月経痛、月経不順、不妊症、脱毛などです。

また、精神的症状としては、気分の落ち込み、集中力の低下、倦怠感、イライラ、抑うつ感、不眠、食欲不振などが挙げられます。

血液の流れが悪くなってしまうと、自律神経やホルモンのバランスを崩しやすくなるため、以上のような様々な症状が現われると考えられます。