冷え性を改善するのに入浴も効くと言われています。しかし、ただお風呂に入るだけでなく、一工夫すると、さらに冷え性が改善するかもしれません。

半身浴

暖かい時季ならば半身浴がオススメです。

半身浴とは、お湯の高さをおへその上あたりまでにして下半身だけ浸かり、上半身を湯船から出しておくという入浴方法です。

上半身を外に出していますので、カラダがよく温まらないと思えるかもしれません。しかし、下半身を時間をかけて温めることによって、血液が全身に流れるようになり、血流を良くすることができ、カラダ全体が温まってきます。

半身浴で冷え性を改善するコツは次の3点です。

  • 38度前後のぬるま湯にする・・・高温ですと長時間浸かることができません。
  • 30分程度浸かる
  • 水分補給をする・・・大量の汗をかくため、水分補給をしないと脱水状態になる恐れがあります。

HSP入浴

寒い時季ならば、半身浴はちょっと寒いかもしれません。そんなときは「HSP入浴」をオススメします。

HSP(ヒートショックプロテイン)とは、熱のショックでふえるタンパク質です。ストレスによってダメージを受けた細胞を修復する作用があります。また、HSPが多いと、血行改善、免疫力アップ、病気や傷の改善などの働きがあると考えられています。

そこで、入浴によって「熱のショック」をカラダに与えてHSPを増やすことにより、冷え性を改善しようというわけです。

入浴の方法ですが、40~42度の熱めのお湯に10~20分間、肩までしっかり浸かるだけです。入浴後はカラダを冷やさないように、バスタオルなどで保温して、しばらく安静にします。汗を大量に出しているはずですので、水分補給をします。