喫煙はカラダの冷えを悪化させる可能性があります。もしもあなたが喫煙者で、かつ冷え性に悩んでいるのであれば、タバコを止めることをオススメします

タバコがカラダの冷えに悪い原因として考えられるのはニコチンの存在です。

タバコにはニコチンが含まれています。ニコチンが体内に入ると交感神経が活発になり、毛細血管を収縮させてしまいます。つまり、血液の流れが悪くなり、冷え性につながるのです。

また、ニコチンにはホルモンバランスを崩す原因にもなります。ホルモンバランスが崩れると、冷え性を悪化させてしまうことがあります。

タバコを止めると、血液の流れが良くなり、冷え性が改善される可能性が高くなります。

タバコは止めた方が良い

タバコは冷え性のためにも、美容や健康のためにも止めた方が良いでしょう。

喫煙すると、タバコの有害物質を破壊するために活性酸素が発生します。この活性酸素の発生を抑えるために、ビタミンCやビタミンEが大量に使われてしまいます。肌に必要な成分が不足してしまうため、肌荒れを起こす可能性が高くなります。

喫煙すると血糖値が下がりにくくなります。血糖値の高い状態が続くと、糖尿病を発症しやすくなります。

タバコの煙に含まれるニコチンや一酸化炭素は、血圧を上げ、動脈硬化を促します。動脈硬化は心筋梗塞、脳梗塞、ガンといった非常に危険な病気を引き起こす要因になります。